ケンジツ

育児や読書の内容などを気ままに書くブログ。最近は仮想通貨にハマっていて、調べたことを記事にしています。

ICOコインの売買のために仮想通貨取引所バイナンス(Binance)に登録

先日ICOに参加したアルトコインEverex(EVX)の売買をするために、仮想通貨の取引所である バイナンス(Binance)に登録してみた。

 

バイナンスは2017年7月にまだできたばかりの中国企業が運営している仮想通貨取引所。OKCoinの共同創業者であるチャオ・チャンコンが設立。

それなりに名の知れた取引所の創業者が新規に開設した取引所だけあって、開始直後から急成長していて、CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)の直近24時間のデータ(2017年11月20日時点)では、Bithumb(ビッサム)、Bitfinex(ビットフィネックス)、Bittrex(ビットトレックス)に続いて出来高で4位のサイトになっている。

f:id:kenjitsu:20171120094036p:plain

7月から約4ヶ月しか経過していない時点でこの成長速度は驚異的と言える。

 

日本語対応なうえに日本オフィスも設立済み

バイナンスではメニューなどインターフェースが日本語に翻訳されている。英語や中国語にしか対応していない取引所だと、不安で取引しづらい日本人は多いはずなので、かなり参加者を増やすのに良い方法だと思う。日本、中国、韓国の3つの国が世界中で見ても取引が多い主要な場所なので、日本語に対応しているかどうかの違いだけで数十パーセント出来高が増える可能性もあるだろう。

しかもバイナンスは日本オフィスを解説済みで、これから日本語のカスタマーサポートも揃えていく予定とのこと。Twitterにも日本オフィスの写真をアップされている方がいた。

11月15日のブロックチェーンフューチャーカンファレンスで創業者がプレゼンしていたが、そのときにも人材を募集している旨を発言していた。

公式ブログでもコアチームを東京に置くという記載がある。

f:id:kenjitsu:20171120093458p:plain

引用元:Binance Monthly Data Report (4) – Binance

手数料が安い

海外のアルトコインを豊富に扱っている他の取引所よりも手数料が安く、取引額の0.1%だ。

アルトコインのトレードで有名なPoloniexの手数料は0.15%~0.25%、Bittrexは0.25%なので、それと比べてもだいぶ安い。

そのため、頻繁にアルトコインのトレードするときに使いやすい。

バイナンスが発行している独自のトークンBNBを使って支払いすれば、さらに半額の0.05%になる。

 

非常にページが表示される速度が早いので、快適に利用できる。体験してみたが、日本の取引所とくらべるとだいぶ待たされる時間が少ない。サーバーのスペックがよいのかもしれない。ただ、一気に売買が大量に集まって負荷が高くなった状態でどうなるかはまだ体験していない。

日本の取引所は肝心なときにサーバーのレスポンスが悪くなったり、停止したりするので、不安になる。

 

現時点で140種類以上のアルトコインを取り扱っている。ICOしたばかりのあまり知名度の高くないコインも売買できる。取扱アルトコインの増加ペースがすごく早い。

 

以下のURLに記載があるが、ICOのコンサルティング、インキュベーションもしている。

https://labs.binance.com/

創業者が11月15日のイベントで語っていたのだが、ICOのチームを支援し、ICO直後に3割、開発が進んだタイミングで3割、上場して価格が安定したら残りの4割を渡すというような流れで発行したトークンを管理しつつ、支援しているそうだ。これは開発者が最初にトークンを売り抜けてモチベーションを下げてしまうモラルハザードを防ぐ方法と言える。

 

最近日本でコミュニティができて普及しつつあるバージ Verge(XVG)も取り扱いがある。

日本に本格的に進出する予定のようなので、BNBトークンを仕込んでおくと上がるかもしれない。金融庁の仮想通貨交換業者のリストをチェックしておくと、日本で認可が通るタイミングがわかるはずだ。

 

口座開設は バイナンス(Binance)公式サイトから。