ケンジツ

育児や読書の内容などを気ままに書くブログ。最近は仮想通貨にハマっていて、調べたことを記事にしています。

ビットコイン先物がCBOEは12月10日、CMEは12月18日から開始。相場への影響は?

f:id:kenjitsu:20171206170113p:plain

ビットコインの先物がCBOEでは12月10日、CMEで12月18日から開始されるとのこと。

www.coindesk.com

jp.reuters.com

CBOEとは、シカゴ・オプション取引所のことで、世界有数のデリバティブの取引所を誇る。

CMEとは、シカゴ・マーカンタイル取引所のことで、アメリカのシカゴにあるアメリカ最大の先物を含む商品デリバティブの取引所だ。

アメリカ政府に管理監督されている歴史のある取引所にビットコイン関連の金融商品が認められるのははじめてのようだ。

市場はこれを受けて機関投資家が入ってくると踏んだのか、ビットコインは値上がりしつつある。

 

ビットコイン先物が開始されることでどんな変化が発生するのかを考えてみた。

 

1.大口の投資家が大量に入ってくる

機関投資家はもちろん、個人も今までとはケタが違う人数が参入してくるだろう。

人数も増えれば、1人あたりの資産額も規模が違う。

また、取引量の規模感も違いすぎる。仮想通貨のマーケットが伸びてきているとはいっても、先物などのデリバティブのトレード量とくらべれば微々たるものだ。そのため、一部でも仮想通貨に流れてきただけで、仮想通貨の取引量が何倍にもなる。

 

大口がレバレッジをかけてショートしてきたりすると、一気に売り崩される可能性もある。特に板が薄い取引所で売り浴びせがされると、簡単に値段を下げられてしまう。

機関投資家が買うときも同じで、けっこう簡単に相場操縦できてしまうのではないか。複数のファンドなどが共謀してロングもしくはショートに足並みを揃えて投資してくると、さらにボラティリティが上がってしまうかもしれない。

 

2.さまざまなデリバティブが生成される

リスクをヘッジしたり、よりレバレッジを高くしたりするようなビットコインに関連したデリバティブが早いペースで開発されるようになり、よりボライティリティが高くなるのではないか。

ETFも先物ができたことで作られるだろう。

 

3.ほかの国も金融商品として認める動きになる

アメリカで金融商品として公的に認められる形になれば、当然その流れがほかの国にも派生していく。

日本でも東京金融取引所(TFX)が上場させる可能性について言及している。

jp.reuters.com

アメリカと日本の2大マーケットで認められれば、世界中で売り買いされるようになるのは間違いない。

 

 

4.ニュースや新聞などで取り上げられる機会が増え、新規参入者が増える

これが一番影響として大きいと思う。

ニュースや新聞などでビットコイン先物の価格や動向がアナウンスされることになるので、露出がものすごく増える。

結果としてその情報を見てビットコインの存在を知る人が急増する。新規参入者が増えていけば、相場全体の価格が上がっていく。

初心者が増えて、そのなかで買うだけで売ることをしばらく考えないであろうガチホする人は一定の比率で いるだろう。そうなると、ますますビットコインの値段は上がる。

初心者が増えることで、急騰中に飛び乗る人や、下落局面での狼狽売りも盛んになり、一気に値上がり、値下がりする場面が多くなるだろう。

 

追記

東京金融取引所(TFX)もすでにビットコイン先物を検討しているようだ。

ただ、日本で実施するには法改正が必要なようで、その内容を検討するワーキンググループをつくるところから1月に始まるので、早くても2018年の中旬くらいになるのではないか。

アメリカだけやってほかの国がまったくやらないというのは考えづらいので、東京以外の金融取引所も取扱を開始するかもしれない。

jp.cointelegraph.com