ケンジツ

育児や読書の内容などを気ままに書くブログ。最近は仮想通貨にハマっていて、調べたことを記事にしています。

イーサリアムで動くクリプトキティーズから未来のキラーアプリを考える

CryptoKitties(クリプトキティーズ 暗号子猫)というゲームが流行っているようだ。

f:id:kenjitsu:20171205235117p:plain

イーサリアムのブロックチェーン上に構築されている、子猫の絵をカードゲームのように集めていくゲームで、なぜかただの絵に1,000万円以上の値段がついたりもしているようだ。

イーサーデルタという分散型取引所を越えて、イーサリアム上で動いているアプリの1位になった。

 

jp.techcrunch.com

jp.cointelegraph.com

jp.cointelegraph.com

これのポイントは集めた絵を売買できるようになっていることと、子猫を繁殖できるようにして、レアリティの高い子猫が生み出せるかもしれないところっぽい。

すでにイーサリアムのネットワークの15%近くもこのゲームが締めている。なぜこんなものがという感想は拭えないが、こんなに高い比率にすぐに到達するのはすごい。

TechCrunchの記事でも指摘があるが、逆に言うと1つのゲームの流行ごときでネットワークの負荷が異常に高くなってしまうなら、もっと実用的かつ負荷が高いものが出てきたときに耐えられるはずがない。

 

はっきり言って投機というかギャンブルというか、子猫の絵柄を転売することで稼ぐことができるかもしれないという要素で、人々の一攫千金を狙う射幸心があおられて盛り上がっているだけだ。VALUと一緒でもししばらく盛り上がったとしても、最後の方はババ抜き状態になって、あとから入った人が損して終わりだ。

 

類似のゲームもたくさん出てくるだろう。

ぱっと思いつくだけでも以下のようなものがでてきそう。

・カジノ(これはもうありそうだが調べたことがない)

・ダビスタみたいな競馬ゲーム(繁殖やレースの要素で実際に賭ける)

 ・ポケモンみたいにモンスターのカードを集めて対戦してカードやトークンを賭ける

・プロ野球カードで実際に試合できる

 

ギャンブルに近い状態になったら、法律で規制する動きはでる。ただ、規制したところで完全に運営母体がおらず、トラストレスな分散型アプリ(dApp: Decentralized App)の仕組みになっていれば、取り締まりのしようがない。

実際すでにクリプトキティーズは運営者ですら自由にシステムを勝手に操作することはできなくなっている。すでに書かれているスマートコントラクトのルールで動いているからだ。

また、運営している会社が倒産して誰も関与しなくなったとしても、配布されている子猫の絵(トークン)は残り続ける。

 

パソコンも実はゲームがかなり普及を促進した。仕事で使おうと考える人よりも、純粋にゲームをしたり作ったりするのが面白いからパソコンを買ったという人は相当いたはずだ。

たぶん仮想通貨やブロックチェーンの業界でも、触っていて楽しいからやってみたくなるようなキラーアプリが開発され、かつそれが誰でも簡単に使えるものあったら強烈に普及が進む材料になる。

 

クリプトキティーズはMetaMaskなどのウォレットを用意しなければいけなくて、普通の人にはまだまだ使いづらい。

開始前に設定をする手間はハードルが高いと感じる。ある程度ほかのウォレット触ったことのある自分ですらそうなのだから、取引所以外で一度もアドレスつくったことない人だと相当厳しいのではないか。

 

将来的には仮想通貨やブロックチェーンの仕組みが裏側で動いていることに気が付かないで、ただ便利なアプリやツールがあるからみんなが使っている状態になる。

 

子猫のアプリが普及するくらいだから、本当に実用的かつネットワーク外部性の効くものがあれば、一気に広がる。

ネットワーク外部性とは、電話やSNSのように使っている人が増えれば増えるほど便利になる状態のこと。