ケンジツ

IT業界人が子育てのことや趣味である節約方法、旅行などについて書いています。

娘の学費は最大でいくらかかるのか計算してみた

スポンサーリンク

生まれたばかりの娘が自立するまでに、かかる費用についてきちんと考えていなかったので教育にかかるお金をまとめてみます。

 

別にお金持ちではないのですが、できるだけ娘と妻のしたいようにさせてあげるために、もっとも高そうなもので試しに計算してみます。

ちなみに私自身は幼稚園、小学校、中学校ともに普通の公立に受験もなく入り、高校ではじめて受験して私立高校に通わせてもらいました。そのまま私立大学に入学しました。

高校、大学ともに学費が高いところだったので、親には感謝しています。

このような自分の経緯があるので、別に自分の子どもの教育も公立でもいいんじゃないかと思ってたのですが、公立よりも私立のほうが授業の質も高いんでしょうから、行きたいなら私立でもよいかなという考えです。

幸いお金のかかる趣味がなく、物欲も特にないので、1人だけなら節約すればたいていのところは大丈夫かなと思っていますが、計算してきちんと準備します。

 

インターナショナルスクール

幼稚園をインターナショナルスクールにすると、年間200万円くらいかかるようです。

2年通わせるとすると400万円です。

私立小学校

以下のサイトによると、もっとも高い慶應義塾横浜初等部で、6年間で946万円だそうです。

庶民からすると高すぎるように感じますが、簡単に払えるような親御さんを持つ子どもたちが集まってくるんでしょうね。

diamond.jp

私立中学校

以下のサイトに高額な私立中学校の学費がまとまっていました。

www.metro.tokyo.jp

玉川学園中学部というところがダントツで高いみたいです。

調べてみたら偏差値が高くないのに、学費だけ高いという謎の状態なので、次に学費が高そうな、慶應義塾中等部の金額を書きます。

年間の授業料が860,000円だそうです。他に入学金や施設設備日や教材費などいろいろとあって、6年間の合計が6,450,340円でした。 さすが高いですね。

www.keio.ac.jp

私立高校

都内の私立高校の学費は以下にまとまってました。

www.metro.tokyo.jp

偏差値的に微妙そうな玉川学園高等部を除くと、桐朋女子(音楽)の学費が最も高いようです。

www.tohomusic.ac.jp

3年間で4,302,200円です。

大学

大学は海外留学までする選択肢があると思うので、年間400万円だとして4年間で1,600万円くらいあれば多分足りると想定します。 

大学院まで行くならさらに800万円くらいで、合計2,400万円です。

その他の習い事とか

習い事についてですが、自分も子どものころ水泳、英会話、ピアノなど、2-3は行かせてもらってたので、まあ同じくらい行くとすると、月間で3万円くらいでしょうか。

小学校から大学卒業までずっと行くなら、

12ヶ月 ✕ (6年+3年+3年+4年) ✕ 3万円 = 576万円

合計金額

マックスで見積もった結果、学費だけで53,972,540円となりました。

海外留学を2,400万円と見積もっているので、特に大きな金額をしめています。

大学院まで含めると18年間なので、学費だけで1年平均で約2,998,474円となりました。

 

ここに生活費や制服代、交通費、1人ぐらしのときの仕送りなどのその他の出費もかかってきます。

娘1人だけの分ならなんとか頑張れば出せそうな金額ですが、子ども2人目以降が同時並行となると、相当厳しいです。

毎日仕事を粛々と頑張って3倍くらいの給料をもらうことを目指そうと思います。