読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケンジツ

IT業界人が子育てのことや趣味である節約方法、旅行などについて書いています。

iPhone6の充電差し込み口の接触不良で故障かと思ったら意外な方法で簡単に修理できた

スマホ

スポンサーリンク

iPhone6をしばらく使っていたのですが、途中から充電ケーブルを指しても接触が悪く、普通にプラグを差しただけでは充電できない状態になりました。

f:id:kenjitsu:20161028090305j:image

角度や入れ方を何度も変えることでようやく充電できるようになるのですが、毎日数分の時間を無駄にすることになるほど充電するのに時間がかかっていてストレスになってました。

ケーブル側に原因があるのか、本体側に原因があるのか調べるために、同じケーブルで妻の使っているiPhone6 Plusを充電してみたらまったく問題なく充電できました。そのためiPhone6の本体側に問題があるのは明らかでした。

まず充電用ケーブルを新品に買い換えてみたのですが駄目で、純正品でないことが原因かもしれないと考えてライトニングケーブルで試してみても駄目でした。

また、再起動したり、OSのアップデートをしたり、Lightning端子の汚れを拭いてみたりといった検索で調べた方法も試しましたが駄目でした。

アップルストアに行って修理してもらおうかと少し考えたのですが、別に完全に充電できないわけでもないし、行くのも面倒だからいいかと放置してました。

意外な方法で修理というか普通に充電できるようになったのでその方法を紹介します。

それは、充電の差込口を爪楊枝で掃除するという方法です。

なんか汚れているなとは思っていたのですが、綿棒で書き出したり、ティッシュを丸めたものを突っ込んでホコリを書き出そうとしたりというのは以前に試していたのですが、それだと汚れを取り切れていないようでした。

「てんや」という天丼チェーンで妻と食事していたときに、たまたま爪楊枝が目の前にあったので、充電の差込口につっこんで掃除を試してみました。そしたらものすごい量のホコリの塊が出てきました。この細いところにこんなにゴミが入るんだくらいの量が取り出せました。

ちょっと故障しないか不安だったのですが、どうせもうAndroid端末との2台持ちだから最悪壊れてもいいやという感じで強めに爪楊枝で奥の部分を引っ掻いてみると、すでにたくさんホコリが出たのに、差込口の奥にへばりついているホコリがさらに取れました。

そして帰宅してまた充電してみると、接触不良が完全になおっていて、すごくスムーズに受電できるようになってました。今までのストレスや無駄な時間は何だったのかという気持ちです。

普段ジーパンのポケットに入れて使っていたので、それが原因で汚れが溜まっていったようです。 

 

同じようにiPhone6の充電差し込み口の接触不良でイライラしている人の参考になればうれしいです。

ちなみにこの方法で故障しても責任持てませんので、試すのは自己責任でお願いします。意図的に故障させようと強く押し込まない限りは大丈夫だとは思います。