ケンジツ

育児や読書の内容などを気ままに書くブログ。最近は仮想通貨にハマっていて、調べたことを記事にしています。

妊婦の体重増加はどれくらい?運動や食事制限でペース管理

f:id:kenjitsu:20160817100829j:plain

産婦人科で定期検査を受けるときに毎回体重検査がありますよね。 体重が増えすぎると産院で注意を受けたり、怒られたりしますから、気にされている方も多いのではないでしょうか。

妊婦の体重増加について妻から話を聞きながらまとめてみました。

いつから体重は増加しはじめる?

妊婦はいつから太りやすくなるのでしょうか。 あまりにも体重が増えていない人は赤ちゃんにちゃんと栄養がいっているのか不安になるかもしれません。逆に増えすぎている人は、ペースが早すぎないか気にしているでしょう。

つわりが終わって安定期に入ると体重が増加しはじめます。つわりで食べられなかった分、たくさん食べられるようになって体重が増えます。 週数でいうとだいたい16~19週です。

食べづらリの人はつわりの期間中も体重が増え続けます。 6,7ヶ月目からお腹の赤ちゃんが急激に育つ時期で、より多くの血液量が必要になり、水分と栄養素を体に溜め込もうとするようになり、体重が増加します。

妊婦の体重増加量と、理想のペースは?

BMIを基準にして、標準体型の人(BMI 18.5以上25.0未満)は7~12キロまでの増加が認められています。痩せている人(BMI 18.5未満)は9~12kgまで増やしてよいとされています。太っている人(BMI 25.0以上)はその体重に応じて個別対応とされていますが、産院の人曰く5~7kg程度だそうです。

厚生労働省の資料

うち、胎児の重さは最終的に3kg前後、羊水が2リットルつまり約2kg、さらに胎盤が1kg程度あります。

理想の体重増加ペースは、毎月1kgくらいです。実際には最初の2,3ヶ月はほとんど太らず、つわりが終わってから一気に体重が増え始めます。

なぜ体重を増やしすぎてはいけないのか

妊婦の体重が増えすぎることはどのようなリスクがあるのでしょうか?

妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの妊婦だけがなりやすい病気があります。

高血圧になると、胎盤の機能が低下して、胎児の発育が悪くなったり、早産につながったりします。また、妊婦の死亡原因として割合が高いのも高血圧です。

妊娠糖尿病とは、妊娠の影響で血糖値が高くなってしまった状態のことをいいます。体質によってインスリンを抑えるホルモンを過剰に分泌してしまうことがあり、それにより血糖値が上昇してしまいます。

妊娠糖尿病になると、出産後に妊婦がそのまま成人糖尿病に移行してしまう可能性が3割あると言われています。また、妊娠糖尿病になると、胎児が巨大になってしまう、流産が発生しやすくなるといったリスクがあります。

たとえば巨大児は4kgを超えて、産道を通らず、帝王切開することになります。また、出生後に胎児が低血糖になる可能性があります。

また、産道付近に脂肪がつきすぎると、難産になりやすくなってしまいます。

体重が増加しすぎない対策は

体重の増加を抑えるためにできることをまとめてみます。

食事

f:id:kenjitsu:20160817101203j:plain

産院で栄養指導してもらうときに聞けばいろいろと教えてもらえます。

しっかりと時間を決めて食事を取ることと、夜はなるべく早めに、できれば19時くらいには食事を終えるようにするのが理想です。

野菜をたくさん摂取することが大切で、毎食両手にこんもり野菜を乗せた分くらいを食べるのがよいそうです。産院の人からもらった資料には、1日350gを目安にとるようにと記載がありました。

お肉の油を取り除く焼き方をしたり、お肉をゆでて油をなるべく使わないようにします。 ハムやソーセージやベーコンなどの加工食品は、茹でることで塩分を一部飛ばすことができるので太りづらくなります。

産院の栄養士の人いわく、和食は健康によいのですが、塩分が多くなる傾向にあるのでそれを注意しながら作るのがよいそうです。

あと、小麦よりもご飯のほうが体にいいです。ご飯のほうが食物繊維が取れて、便秘の予防、解消につながるのと、よく噛むことで満腹中枢が刺激されます。ただし、ご飯ばかりたくさん食べていると、逆に糖尿病になりやすいのが注意点です。

果物はお菓子を食べるよりは体にいいですが、果糖が含まれているので食べ過ぎないようにしましょう。

運動

f:id:kenjitsu:20160817101035j:plain

ウォーキングなどを無理のない範囲で少しずつ行います。 産院では食事についてはいろいろとアドバイスがありますが、運動についての指導はあまりありません。

 

グラフでペース管理

体重を記録するグラフをつくって、増加ペースをコントロールしましょう。

産院で理想状態、遅い、早いの3パターンの推移が入っているグラフを作って渡してくれました。もし産院でもらえなかった場合は自分でつくってみてください。

理想状態と同じペースで増えていくのが良いですが、それよりも早過ぎる場合には間食をやめるなど食事制限を検討してください。

ただ、母体の健康に害をなす可能性がありますから、過度なダイエットは禁物です。無理のない範囲で、定期検診のときに先生と相談しながら方法を相談するのがよいでしょう。気にしすぎてストレスをためてしまっているようだと、胎児への悪影響があるかもしれません。