読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケンジツ

IT業界人が子育てのことや趣味である節約方法、旅行などについて書いています。

秋葉原ゲオモバイルで格安SIM「OCN モバイル ONE」に切り替え通信料金を節約

節約

スポンサーリンク

 
 

夫婦で2人ともiPhone、ソフトバンクを使っていたのですが、iPhone7のスペックを見て別にもうiPhoneにこだわる必要もないかなと考えて、通信料を節約するためにも、Android携帯・格安SIMの組み合わせに乗り換えることにしました。

事前にインターネットで下調べすることなしに、秋葉原のお店を回ってみました。ただ、結局途中でスマホで調べながら進めました。

ヨドバシAKIBA、LABI秋葉原パソコン館、ゲオモバイルの順番で、大量にある格安スマホ、格安SIMについて見たり、店員さんに質問したりしてきました。

 

f:id:kenjitsu:20161002183332j:image

 

結局電気街口出てすぐのところにあるゲオモバイルという店舗で、妻の携帯をXperia SO-02G、OCN モバイル ONE という端末と格安SIMに乗り換えました。

f:id:kenjitsu:20160919234940j:image

ゲオモバイルは店員さんが非常に親切かつ丁寧に説明してくれてよかったです。

また、中古端末の値段が非常に安くて驚きました。アマゾンや価格コムなどで値段を調べたのですが、最安値とくらべてもさらに安い携帯がいくつも販売されていました。

ただ、OCNモバイルONEと、楽天モバイルを中心に取り扱っていて、SIMの品揃えはそれほど充実していませんでした。他についてSIMをあらかじめ別の店舗で調べておいたので、OCNモバイルONEで決めることができましたが、一番最初にゲオモバイルに行っていたらたぶん決められなかったです。

音声通話ありで10ギガ使えるもので、月額3,000円です。ソフトバンクだとだいたい7,000円くらい払っていたので、毎月4,000円くらい節約できたことになります。 

 

格安SIMの相場は?

さまざまなSIMの料金を調べましたが、通話なしだと月額数百円から2,000円くらい、通話ありだと1,500円から3,000円くらいでした。

f:id:kenjitsu:20160919235002j:image

いくつも格安SIMの料金や機能を詳しく比較しているサイトがあります。情報が充実しすぎていて読むのが大変でしたが、参考になりました。

 

SIM選びで特に注意するポイントは?

格安SIMを選ぶうえで特に注意したポイントは、通信速度と、通信量による速度制限です。

ソフトバンクで低速化されてしまって使い物にならなくなったことが何度もありましたし、ワイモバイルのWifiルーターで使い放題と書かれていたのに実際は制限だらけで使い物にならなくて完全に騙されたという苦い記憶もあります。

ぼくは若干インターネット中毒気味なので、通信速度が低速化されるとすごいストレスになります。節約目的でSIMを切り替えるとはいえ、多少金額が高くなったとしても、快適に使えるSIMを選びたいです。そのため、妻と同時に同じキャリアで契約することなく、使用感を確認してから同じSIMにするか別のSIMにするかを選ぶことにしました。

ソフトバンクやワイモバイルでの嫌な思いをした経験から、キャリア側が公表している通信速度や速度制限の条件を詳しくチェックするのはもちろん、それを信用することなく実測値についての口コミをネットで確認しました。

東京都内で比較的使用者が多い地域で使っていることも通信速度が遅くなっている原因の1つかもしれませんが、通信業界は平気で実測値とかけ離れた数値が公表されているので信用できないです。

格安SIMの情報サイトでは、さまざまなSIMで実際にどれくらいの速度がでるのかを実験して記録してくれているものがいくつかあるので参考にしました。

OCNモバイルONEの速度は?

Xperia SO-02GでOCNモバイルONEを東京都千代田区で土曜日の夜21:30に計測したところ、下り0.9Mbps、上り3.9Mbpsでした。さすがLTEだけあって、ストレスなく使える速度だと言えます。

ちなみに一緒に使っているWiMAX2+というWifiルーターの速度は下り5.6Mbps、上り0.8Mbpsでしたので、0.9Mbpsはそれほど早いというわけでもないですが、遅く感じるというわけでもない速度です。

その他機能について

iPhoneやSIMフリー端末ではテザリングはできるようですが、なぜかドコモAndroid端末ではテザリングが使えないようです。

Wifiルーター持っているのでほとんどテザリング使うことはないのですがいざというときには不便です。

格安SIM OCNモバイルONEの感想

値段はそれほど安くないようですが、速度は悪くなくて、問題なく使えます。だいぶ月額費用を節約できましたし、少なくともソフトバンクの通信回線を使い続けるよりは良かったです。

OCN モバイル ONEの公式サイト

追記:最初妻の携帯電話だけを変更したのですが、結局自分の契約も見直して、ソフトバンクからOCNモバイルONEに乗り換えました。U-mobile(ユーモバイル)の容量無制限のプランと悩んだのですが、無制限のプランはLTEや4Gが使えず、3Gのみということだったので、結局OCNモバイルONEにしました。

ぼくはWimaxのルーターを常に持ち歩いているので、容量は少なめに5Gで契約しました。

変更してから1ヶ月ほど経過しましたが、地下鉄の中で若干電波が悪くなることが増えたかもしれないというくらいで、特にストレスなく使えています。ただ、なぜかTwitterを閲覧するときだけはOCNモバイルONEのほうが繋がりづらいです。端末をiPhone6からXPERIAに変更したので、そちらのほうが原因かもしれません。

申し込みする前に、夫婦で割引があるかどうかを調べました。1つの契約でSIMを追加するという形で、容量を2人でシェアして使えるプランがありまして、それを使えば安くなります。

ただし、電話番号が1つになってしまいます。2人とも電話番号が必要だったので、容量シェアはせずにそれぞれで契約しました。

 

参考:ソフトバンクの解約、転出方法について

ソフトバンクの店頭で解約の申請をする必要があるのかと勘違いしていて、ヨドバシAKIBA内のソフトバンク店舗まで行きました。

ただ、MNP予約番号という携帯電話番号ポータビリティのための番号をソフトバンクのコールセンターに電話して取得すれば大丈夫でした。

MNP予約番号を使って他社で電話番号の引き継ぎをすると、ソフトバンクは自動的に解約となるようで、特にソフトバンク側で追加の手続きをする必要はないとのことでした。

f:id:kenjitsu:20160919204741j:image

コールセンターの人は例によって解約手数料などを提示して、解約をとどまらせようとしてきました。

また、どのSIMを使う予定なのかを聞かれたので、特に決めていないと回答すると、ワイモバイルのSIMを契約するとお得みたいなセールスをしてきました。ワイモバイルはすでに書きましたが以前にWifiルーターで痛い思いをしたので、検討する余地もなく断りました。

とにかくMNP予約番号をSMSで送ってもらう手続きをするまでに無駄な確認事項をいくつも伝えられて、話が長くなって不快でした。

最後まで印象悪くて、もう二度とソフトバンクを使うことはないなという思いがより強くなりました。

ナンバーポータビリティができてから携帯変えるのははじめてだったのですが、店頭まで行ったり並んだりすることなく手続きが終わるのは良い仕組みなので紹介しました。