ケンジツ

育児や読書の内容などを気ままに書くブログ。最近は仮想通貨にハマっていて、調べたことを記事にしています。

ビットコイン(仮想通貨)の確定申告。Cryptact(クリプタクト)で納税金額を計算

仮想通貨で2017年に出した利益の納税をしないといけない。

確定申告を2月16日(金)から3月15日(木)の期間でしないといけない。

 

納税金額は雑所得扱いで計算する。

2017年1年間のビットコイントレードの利益総額に以下の税額がかかる。

 

利益の金額によって税率は異なる。

195万円以下:所得金額x5%
195万円超330万円以下:所得金額x10% – 97,500円
330万円超695万円以下:所得金額x20%- 427,500円
695万円超900万円以下:所得金額x23% – 636,000円
900万円を超1,800万円以下:所得金額x33% – 1,536,000円
1,800万円超4,000万円以下:所得金額x40% – 2,796,000円
4,000万円超:所得金額x45% – 4,796,000円

 

ここにさらに住民税が10%かかる。

 

 

つまり、最高税率は55%だ。

ちょっと取り過ぎじゃないかと思うが、自分はそんなに稼いでいないから関係ない。

 

ビットコインでアルトコインを買ったときにも、ビットコインを買った時点よりも値上がりしていれば、その時点で利確したとみなされて税金がかかる。

 

たとえば価格が50万円のときに1ビットコインを購入していて、100万円に値上がりしたタイミングでそれを使ってイーサリアムやリップルなどのほかのアルトコインを買うと、差額の50万円分は利益として計上されてしまう。

 

そのあとイーサリアムやリップルが値下がりしても、それらを売るまでは関係なしに利益扱いになってしまう。

 

 

このビットコインでほかのコインを買ったときにも利確扱いになるというルールのせいで、かなり計算が複雑になり、いったい自分がいくら利益を出しているのかわからなくなっている。

 

2017年だけで何百回も取引しているので、そのときのビットコインの時価を毎回計算して、利益を計算するとか不可能だと思っていたら、良いツールが出ていた。

 

tax@cryptactというサービスで、それぞれの取引所から取引利益のファイルをダウンロードしてきて、アップするだけで年間の利益を計算してくれるというものだ。

 

取引所のパスワードを預けるようなことは一切なくて、ただエクセルやCSVファイルをアップするだけなので安心できる。

 

さっそく試してみたところ、一部だけ未分類取引となってしまったものの、だいたいの利益を計算することができた。

 

ただ、未分類になっているものをどうやって修正したらよいかわからず、きれいに計算しきれなかった。

 

未分類取引の対応方法というページにカスタムファイルを使って反対となる売買を登録して消すというようなことが書いてあるのだが、そもそもなぜ売りと買いがずれるのか理解できない。

 

たぶんどこかの取引所の取引履歴データが間違っているのが原因だとは思うのだが、方法がわからず解決しない。

 

とりあえず未分類になっている部分は差し引いて計算し、あとから原因がわかり次第差し替える予定。

 

3月15日までにFreeeなどほかのビットコインの税金計算のためのツールがでるようなので期待している。

 

なお、利益が20万円以下で、ほかの所得などがなくて確定申告する必要がない人は確定申告する必要はない。


仮想通貨の利益が20万円以下でも、ほかの所得の関係で確定申告をする人は雑所得として申告して納税しないといけない。


20万円以下なら納税しなくてもよいみたいな話が出てるが、確定申告する人は納税必須だ。


うっかり脱税しないように気をつけたいところ。